現役出会い系アプリ「サクラ」が暴露。サクラバイトの実態とはw

出会い系アプリ サクラ 特徴

現役「出会い系アプリ」のサクラさんに話を聞いてきたww


出会い系のサクラや業者・・。


いかなる出会い系にも登場する、その厄介な存在であるが。


今回「出会いマガジン」では、そのサクラとして現在現役で働いているブロガーさんA氏と接触


現役のサクラさんからサクラ業界、悪徳出会い系業界の話を聞くことができました。


実際のサクラの仕事や給与まで、とことんその実態を暴きたいと思います。

大学在学中に「出会い系サクラ」として勤務

さっそく、A氏に出会い系サクラについていろいろ話を伺ってみた。


まず、どうやって出会い系のサクラになったのか?その経緯と経路が知りたかった。


A氏は、5年前、大学在学中に出会い系サイトのサクラとしてデビューしたそうだ。


それはインターネットの高収入アルバイトサイト「D」に掲載されている会社であって、自分から応募したという。



出会い系のサクラの求人には「出会い系サクラ募集」という広告はのっておらず・・


「データ入力スタッフ、時給1500円以上!!」という広告に惹かれ、応募をしたそうです。


ただのデータ入力で1500円という時給なら、確かに誰でも飛びつきそうである。


もちろんA氏も最初は「出会い系サイトのサクラ」だとは思わなかったという。


あとあと面接の時点で「うちは出会い系のサクラだから」と言われ、「やるならやってみて」と言われ・・


あれよあれよとサクラデビューを果たしたのだといいます。


「出会い系サクラ」は20代がメイン。年上は40代も・・


A氏が勤務を始めた出会い系業者は新宿のとある「出会い系サイト運営会社」


事務所には常時10名程度の「サクラ」がおり、7割は男性、3割は女性もいるという。


年齢層は若い子で18歳、上は40代までいるようだ。


採用基準は、一番はとにかくシフトが多くは入れる人。


当時A氏は大学生であったが、単位をすでに多く取得していたため・・かなり多くのシフトに入ることができたのだという。

「出会い系サクラ」の給与は?!

出会い系サクラの給与は一体どの程度稼いでいるのだろうか。


実際にA氏の先月の給与は・・なんと53万円だというのだww


A氏は大学を卒業後、就職はせずにこの「出会い系サクラ」の仕事を5年間続けている・・


いわばベテランである。とわいえこの給与は驚きだ・・。


「でも。サクラはピンキリですよ。時給しかもらえないやつもいる」というA氏。


A氏が働く会社では基本的には時給とインセンティブがついており、そのインセンティブが給与のメインになっているという。


なぜA氏はこんなにも稼いでいるのか・・


「やっぱり経験しかないです。もうわかるんですよ。騙されやすい奴の特徴とか・・」とドヤ顔でいうA氏


やはり「出会い系のサクラ」のサクラで稼ぐにはある程度の経験とセンスが必要のようである。

男性会員を騙すために「ボイスチェンジャー」で電話も・・

今回さらに驚いたのが、サクラの仕事だ。


出会い系のサクラという仕事は、一般の女性会員のふりをして男性会員とメールをするだけだと思っていた。


実は、最近では「電話チャット」をコンテンツとして入れている出会い系が多く、、



男性と電話で話すこともあるのだという。


もちろん男性会員には「サクラ」とバレてはいけない・・。


なのでボイスチェンジャーを使って女性のふりをして話すこともあるのだとかww


しかもこの電話チャットが稼げるコンテンツらしく、30分トークをすると男性は2万円ほどの料金を課金することに


なるのだとかww



騙される男性は大手会社員や医者も・・

「ほんと、こんなのに騙されるバカいるんですよ・・。だいたい金持ちも多いしね。


 「誰もが知ってるような大手企業の社員とか、医者とかもいますよ」という。


やはり、出会い系サイトに大金を払うには・・かなりのお金に余裕のある層が利用しているみたいだ。


ひとりの客から最高500万くらい回収しましたよwwもうコイツやばいなってなったら止めます



出会い系のサクラは「一人の大口顧客から大金を回収」するのだという。



なるほど、、出せる奴にはとことん出させようというヤリ口のようだ。


だが、A氏いわく・・「ギリギリのとこで止める」というのだ。


「男性会員が警察に行かれたら終わり。だから向こうがクレームいう前に止めるんです」


男性会員が「サクラ」に気づく前に、一切連絡を断ち切るというのだ。



その「ギリギリのところを見抜くこと」も、サクラとしての経験やセンスが十分に問われるという。

サクラがバレたら「すぐに全額返金」するという仕組み

では仮に、男性会員に「サクラ行為」がバレてしまった際はどうするのだろうか。



「たまにありますよ。金返せってクレームね。」

「うちの場合はすぐに全額返金してます。通報されたり裁判になる前に」



向こうも「金さえ帰ってくれば、それ以降はなにもしてこない」というのだ。


確かに、いくらサクラ行為がわかっても、自分で裁判を起こしたりするのは面倒である。

本人も「お金さえ帰ってくればOK」と思うのだろうか。

出会い系「サクラ」は一度入ると抜け出せない。

今回A氏に話を伺って、サクラのいろいろな実態がわかったが・・

最後にどうしても聞きたいことがあった。


「サクラをやめようとは思わない??」ということだ。


A氏は少し苦笑いするように答えた。


「何度もやめたいと思ってます。もう30にもなるし・・。

 仕事も罪悪感だらけですしね。」


でも、この年でこれだけのお金もらえて、生活もわりと楽にできてしまっている。

 これからサクラ以外で何しようか、、わからないんですよ


と・・出会い系のサクラになると「なかなか抜け出せない」という実態がわかった。


また、この仕事は性格も重要なようで・・真面目な子は無理だという。


「男性を騙している罪悪感を仕事として割り切れるか。割り切れない子はうつ病になって辞めていきますよ」


やはり、出会い系のサクラ・・一見楽して稼げる仕事だと思いがちであるが・・


それにはかなりの知識や経験やセンス、そしてサクラという仕事を続ける精神力の強さがなければやりきれない職業のようだ。


もちろん、こういった行為は違法であり、はやく悪質な出会い系がなくなればいいのだが・・。


「出会い産業」がここまで儲かっている限り・・今後もサクラという存在は簡単には消えないだろう。



▼ガチンコ!出会い系ナンパ体験日誌はコチラ